高血圧 サプリ DHC

高血圧の改善にいいサプリはDHC以外にもたくさん

高血圧にいいサプリはDHC以外にもある

高血圧対策サプリならDHCというイメージを持っている方は多いと思いますが、実はもっといろいろなメーカーのものがあるのをご存知ですか?

 

基本的に高血圧の改善にはDHA・EPAという成分を配合したサプリメントがぴったりで、DHAとEPAには血液をサラサラにする効果や、血液がドロドロになってしまう原因である血中の脂質を抑える働きが期待できるため、高血圧の方は積極的に摂るべきなのです。

 

でも、DHA・EPAサプリは非常にたくさんのメーカーから販売されているので、どれがいいのかわからないという方も多いでしょう。

 

そこで本サイトでは、高血圧の改善におすすめできるサプリメントの中から、DHC以外で厳選したものを紹介していきます。


高血圧対策に飲みたいDHC以外のサプリランキング

 

高血圧の改善におすすめのDHC以外のサプリ第1位

きなり(さくらの森)の特徴

高血圧の改善におすすめのサプリと言えば、やっぱりこちらの「きなり」でしょう。

DHCほどの知名度こそありませんが、1日あたり約500mgのDHA・EPAを摂ることができ、さらに酸化防止にアスタキサンチンを多く含むクリルオイルを採用したり、ナットウキナーゼやDPAといったサラサラ成分を配合している点も人気です。

また、初回の価格は通常よりも67%引きになり、15日間の返金保証付きなので、初めてDHA・EPAサプリの購入を検討されている方でも損するようなことは無いとでしょう。

価格 初回1,980円
評価 評価5
備考
  • 初回67%OFF
  • 15日間の返金保証付き
  • 酸化しにくいクリルオイルを採用
  • サラサラ成分ナットウキナーゼを配合

高血圧の改善におすすめのDHC以外のサプリ第2位

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

こちらはDHC以上に知名度の高い大正製薬が作ったサプリメントで、DHAとEPAを1日あたり600mg摂ることができます。

また、製薬メーカーの技術力を活かしたソフトカプセルを採用することによってより吸収しやすくなるように配慮し、1日分ごとにアルミ包装で小分けにすることで携帯性と酸化防止を両立しています。

返金保証はありませんが、初回は通常価格よりも75%引きの1,000円なので、やっぱり知名度のあるメーカーのものが安心という方は試してみると良いでしょう。

価格 初回1,000円
評価 評価4
備考
  • 大手薬品メーカーの大正製薬が開発
  • 初回75%OFF
  • 酸化防止のためにアルミで個別包装
  • 吸収しやすいソフトカプセル

高血圧の改善におすすめのDHC以外のサプリ第3位

美健知箋EPA&DHAの特徴

こちらは栄養ドリンクのユンケルや風邪薬のストナなどでCMでも有名な佐藤製薬が作ったサプリメントで、DHA・EPAを1日分で750mgも摂ることができます。

他のサプリメントに比べるとDHA・EPAの配合量が多いので、外食がほとんどでどうしてもDHAやEPAを含む食材を普段食べることができないという方におすすめです。

通常価格は少し高めですが、初回は84%OFFの1,000円なので、DHA・EPAの配合量が多い方が良いという方はまず1ヵ月だけでも試してみて欲しいと思います。

価格 初回1,000円
評価 評価3
備考
  • 初回84%OFF
  • 1包でDHA・EPAが750mg
  • 吸収しやすいシームレスカプセル
  • スティック包装なので持ち運び便利

高血圧になってしまう主な原因とその影響

高血圧の対策について説明する前に、まずは

 

  • そもそもどうして高血圧になってしまうのか?
  • 高血圧になると無いが問題なのか?

 

といったところをしっかりと理解しておきましょう。

 

高血圧の原因

高血圧にいいサプリを選ぶならDHCじゃなくてもOK

ある程度の年齢になるとどうしても血圧が高めになりますが、これは血管の弾力性が無くなってくるため血液が流れにくくなり、今まで同じように流そうとするとどうしても圧力を高めなくてはいけなくなるからです。

 

ただ、問題なのは老化が原因の場合ではなく、まだ40代や50代といった現役世代にも関わらず血圧が高くなってしまう場合です。

 

比較的年齢が若い時に高血圧になってしまうのは、病気の場合を除くと食生活に原因がある場合が多いのです。

 

特に多いのが、食べ過ぎや偏った食事を続けることによって血液中の脂質が増えて血液がドロドロになったり、動脈硬化を引き起こしてしまう場合です。

 

私たちは摂りすぎたエネルギーや糖質・脂質は、細胞をつくるための材料、またはエネルギー源として使用するために、いったん血液の中に取り込まれます。

 

その時に脂質が多すぎると、血管の内側にこびりついて血液の通り道を塞いだり、脂質が固まって血液をドロドロにしたりして、血流を悪くしてしまうのです。

 

その結果、血液を流すのにより高い圧力が必要になってしまうのです。

 

高血圧の身体への影響

高血圧に改善にDHC以外のサプリを選ぼう

高血圧というのは先ほど説明した通り、血液が流れにくいから圧を高めているため、血行不良に加えて血管や心臓への負担が大きくなります。

 

そうすると、血行不良によって肩こりや頭痛などを引き起こしたり、心臓や血管への負担によって心筋梗塞や動脈乖離などの命の危険を伴う症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

血圧が高いからといてすぐに生活に支障をきたすようなことはないことが多いのですが、知らない間にどんどんリスクが高まっていくため早期に対策をする必要があるのです。

高血圧の改善にいい栄養素

DHC以外で人気の高血圧対策サプリ

高血圧を改善するためには、主な原因である食生活の偏りを改善する必要があります。

 

ただ、今までずっと行ってきた習慣を変えるのは簡単ではありません。ほとんどの方が食事を減らせと言われても実際には1ヵ月も継続できないでしょう。

 

そこで、手軽に始められる高血圧対策としてDHA・EPAを摂取することをおすすめします。

 

DHAとEPAというのは青魚の脂肪に含まれる成分で、血中の中性脂肪やコレステロールを抑える働き、さらに血液をサラサラにする(血栓をできにくくする)働きが期待できるため、食生活の偏りが原因で高血圧になってしまっている方にぴったりなのです。

 

だから、高血圧の方への栄養指導として肉よりも魚をたくさん摂ることが推奨されるのですね。

 

DHAとEPAをどのくらい摂ればよいかというと、厚生労働省の推奨値は1日当たりDHAとEPAを併せて1,000mgです。これだけの量を食事だけで摂ろうとすると相当量の魚を食べる必要があります。

 

そのため、もしも高血圧対策として毎日しっかりと1,000mgのDHA・EPAを摂取するのであれば、食事の改善に加えてDHA・EPAを配合したサプリメントを積極的に活用しましょう。